補聴器について
(補聴器の種類)about hearing aids

サガワトップ > 補聴器について
(補聴器の種類)

補聴器の種類

補聴器の形状には極小サイズの耳あな型から、ハイパワーな耳かけ型、またメガネ型まで様々な種類があります。耳の形や操作のしやすさ、聴力の状態に合わせて選びましょう。

難聴区分 日常生活での
聞こえの程度
正常
(0〜25dB)
小さな声での会話
よく聞こえる
難聴区分 日常生活での
聞こえの程度
軽度難聴
(25〜40dB)
普通の声での会話
小さい声や騒がしい所での会話が聞きとりにくい
適している補聴器の形状
耳あな型
耳あな型
  • CIC(超小型耳あな型)
  • カナル(小型耳あな型)・フルシェル(耳あな型)
耳かけ型
耳かけ型
  • オープンフィット耳かけ型
  • 耳かけ型・ハイパワー耳かけ型
難聴区分 日常生活での
聞こえの程度
中等度難聴
(40〜70dB)
大きめの声での会話
普通の会話でよく不自由を感じる
耳元に口を近づけないと会話が聞きとりにくい
適している補聴器の形状
耳あな型
耳あな型
  • CIC(超小型耳あな型)
  • カナル(小型耳あな型)・フルシェル(耳あな型)
耳かけ型
耳かけ型
  • オープンフィット耳かけ型
  • 耳かけ型・ハイパワー耳かけ型
難聴区分 日常生活での
聞こえの程度
高度難聴
(70〜90dB)
耳元で大きな声での会話
耳元に口を近づけても会話が聞きとりにくい
適している補聴器の形状
耳あな型
耳あな型
  • カナル(小型耳あな型)・フルシェル(耳あな型)
耳かけ型
耳かけ型
  • 耳かけ型・ハイパワー耳かけ型
難聴区分 日常生活での
聞こえの程度
重度難聴
(90dB以上)
耳元で大きな声での会話が聞き取り困難
ほとんど聞きとれない
適している補聴器の形状
耳かけ型
耳かけ型
  • 耳かけ型・ハイパワー耳かけ型
難聴区分 正常
(0〜25dB)
軽度難聴
(25〜40dB)
中等度難聴
(40〜70dB)
高度難聴
(70〜90dB)
重度難聴
(90dB以上)
日常生活での
聞こえの程度
小さな声での会話 普通の声での会話 大きめの声での会話 耳元で大きな声での会話 耳元で大きな声での会話が聞き取り困難
よく聞こえる 小さい声や騒がしい所での会話が聞きとりにくい<
  • 普通の会話でよく不自由を感じる
  • 耳元に口を近づけないと会話が聞きとりにくい
耳元に口を近づけても会話が聞きとりにくい ほとんど聞きとれない
適している補聴器の形状
耳あな型
耳あな型
耳かけ型
耳かけ型

CIC(超小型耳あな型)
軽度難聴
中等度難聴

CIC(超小型耳あな型)

【長所】

  • 耳の奥まで入り、目立たない
  • 帽子の着用、電話の使用が可能
  • 風切り音が少ない

【短所】

  • 電池が小さいため、細かな作業が必要
  • 耳垢の侵入による故障が起こりやすい
  • 高度難聴には不適切

見えてしまうものは嫌、目立たないものを という方にオススメ!

88,000~555,000円(片耳・非課税)

カナル(小型耳あな型)・フルシェル(耳あな型)
軽度難聴
中等度難聴
高度難聴

カナル(小型耳あな型)・フルシェル(耳あな型)

【長所】

  • 適応できる聴力範囲が広い
  • ボリュームや指向性の機能を付けることができる
  • 電池も大きく扱いやすい

【短所】

  • 装用しているのが分かりやすい
  • CICタイプと比べ風切り音が入りやすい

種類も豊富で適応範囲の広いタイプ。
操作しやすいのが特徴です。

88,000~540,000円(片耳・非課税)

オープンフィット耳かけ型 
軽度難聴
中等度難聴

オープンフィット耳かけ型

【長所】

  • 耳を塞がないので閉塞感がない
  • 自声のこもり、響きが少ない
  • 違和感がなく、自然な聞こえ
  • 小さく目立たない

【短所】

  • 適応聴力範囲が限られている
  • 汗による故障が起こりやすい

従来の補聴器にはない快適さ。
初めての方にもオススメ!

88,000~520,000円(片耳・非課税)

耳かけ型・ハイパワー耳かけ型 
軽度難聴
中等度難聴
高度難聴
重度難聴

耳かけ型・ハイパワー耳かけ型

【長所】

  • 軽度から高度まで幅広い聴力に対応
  • 電池が大きく扱いやすい、長寿命
  • 取り扱い、操作が簡単
  • カラーが選べる

【短所】

  • 汗による故障が起こりやすい
  • 風切り音が入りやすい
  • 電話の使用が難しい

イヤモールドを作ればハウリングも少ない。
カラーも選べてオシャレ。

88,000~500,000円(片耳・非課税)


メガネ型 
伝音難聴

メガネ型

【長所】

  • 外見から、補聴器として目立たない
  • 伝音性難聴に有効
  • 両耳装用するのに便利

【短所】

  • 器種が少なく限られている
  • 汗による故障が起こりやすい
  • 適応聴力が限られている

骨伝導タイプ。
伝音性難聴の方にオススメ!

220,000(片耳・非課税)

*こちらを試聴ご希望の方は、まずは、お電話にてご連絡ください。

ポケット型 
軽度難聴
中等度難聴
高度難聴
重度難聴

ポケット型

【長所】

  • 操作が簡単
  • 乾電池のため、長寿命

【短所】

  • 本体をポケットに入れるため服の擦れる音が入る
  • コードが故障しやすい
  • 主に片耳装用
  • 本体、コードが目立ちやすい

補聴器本体とコードでつながったイヤホンを耳に入れて使用します

44,000~62,000円(非課税)

*ポケット型の無料自宅体験は実施しておりません。

取り扱いメーカー

  • PHONAK
  • IDEX
  • GN ReSound
  • SIGNIA
  • oticon
  • Starkey
  • Beltone
  • unitron
トップに戻る